障害者支援

障害者支援

常時介護を必要としながら、在宅生活をおくることが困難な重度身体障害者の方を援助する生活施設です。

自然に恵まれた静かな環境のなかで、利用者様の健康について医学的管理のもと、利用者様がその人らしい自立した生活がおくれるよう、真心をこめて支援します。

施設のご案内

障害者支援施設とは?

利用者様の意向、適性、障害等を踏まえた計画を作成し、施設障害福祉サービスを提供し、継続的な評価を実施することを目的とする。
居室
施設の名称 障害者支援施設 君里苑
サービス内容 長期入所、短期入所事業所(併設・空床型)・生活介護事業・施設入所支援事業
施設の目的 障害者自立支援法に基づき、生活介護事業及び施設入所支援事業を介護老人福祉施設に併設し、常時の介護を必要とする方を対象に、また在宅福祉サービスの機能を併せもつ施設を整備することを目的としています。
運営方針

【権利擁護】
プライバシーの保護や基本的人権を尊重しつつ、また利用者様一人ひとりの可能性を信頼・尊重し、社会とのつながりを大切にしたサービスに努めます。

【サービスの質の向上】
個々の意志を尊重し、最大限可能な限り自己選択・自己決定できる条件整備を行います。個々の多様なニーズに沿った個別支援計画書に基づき、 自己実現できるよう質の高いサービスの提供に努めます。

【地域に根ざした施設】
地域住民との交流を深め、地域の中で一人ひとりが尊厳なる存在であることを念頭に置きサービスの提供に努めます。

開設年月日 平成11年10月1日(新法移行年月日:平成23年3月1日)
指定事業所番号 3010100588
所在地 和歌山県和歌山市木ノ本1837-1
TEL TEL:073-454-9820
入所定員 施設入所支援事業(夜間サービス)20名
生活介護事業(日中サービス)28名
設備(居室)概要 建物 : 鉄筋コンクリート造5階建 延べ床面積 1432.05㎡
居室 : 1人部屋 10室(短期入所含む) / 2人部屋 6室
防火管理 : スプリンクラー他、法定設備完備、消火訓練・ 通報訓練の実施

サービスのご案内

日常生活の支援

  • お食事
    栄養・利用者様の身体の状況・希望や嗜好を考慮した食事の提供をおこないます。
    朝食(7:30)、昼食(11:30)、夕食(17:15)
  • 入浴
    特殊浴槽と一般浴槽があり、週に最低2回入浴していただけます。利用者様の身体の状況と希望等を伺った上、できる限り自立して清潔保持が可能となるようめざし、入浴が困難な場合には清拭をおこなうなど適切な方法で実施します。
  • 排泄
    利用者様の心身の能力を最大限活用し、排泄の自立に向けた支援を行います。
  • 着脱衣
  • 整容

医療及び健康管理

  • 医療
    医師による診察・治療を行います。なお、利用者様が、専門医師等の診断・治療を要することになった場合には、下記の協力医療機関において受診・治療をうけることができます。
  • 服薬の支援
  • 通院と治療
    【協力医療機関】宇治田循環器科内科・しが歯科医院

社会的活動の支援

  • 日常生活指導
    地域において自立した社会生活を送るための生活習慣の確立を目指した指導を行います。
  • 余暇活動
  • その他生活指導

相談援助

長期入所のご案内

入所の対象となる方

身体障害者の身体介護を主としたサービスの専門性を確保するため、主たる利用者を身体障害者とする。(原則として介護給付費の支給決定を受けた方)

入所手続き

入所申請の窓口は市町村になります。入所をご希望される場合は、お住まいの市町村障害福祉担当課へご相談下さい。

ショートステイ(短期入所)のご案内

利用者様に対し生きがいのある楽しい豊かな生活の場を提供いたします。

介護者である家族が病気や急な冠婚葬祭、旅行などで一時的に介護ができなくなった場合の短期間、家族に代わってお世話させていただきます。

  • 冠婚葬祭で、介護することができない。
  • 旅行に出かけたいけれども、一人にしておくのは不安。
  • 病気で一時的に介護ができない。
  • 介護者が病気になってしまった。
  • 介護疲れで、少し体を休めたい。

そのような時に、一時的に施設へ宿泊することができるサービスが短期入所生活介護(ショートステイ)です。

デイサービスのご案内

ご利用手続き

直接当事業所へご相談下さい。

開所日および開所時間

開所日:月曜日から土曜日まで
(ただし、12月29日から1月3日までを除く。)
開所時間:午前8:30から午後5:30まで

ホームヘルプサービスのご案内

在宅において日常生活に支障のある障害者の方々に対し、生活援助や身体介護をさせていただきます。

障害者認定区分を受けた方は居宅介護サービス(生活援助・身体介護)の利用ができます。

当グループのホームヘルプサービスでは、約30名のヘルパーが登録し、皆様のご自宅に訪問させていただきます。もちろん全員がヘルパー2級の資格か介護福祉士の資格を持っています。それ以外にも調理師免許の資格も持ったヘルパーも登録しています。

生活援助とは?

調理・洗濯・掃除・買い物の援助や代行

掃除、洗濯、調理などの日常生活の介護であり、利用者様が単身のため、または家族が障害・疾病などのため、本人や家族が家事を行うことが困難な場合に代行して行うサービスです。

身体介護とは?

食事・入浴・排泄・衣類の着脱・移動などの支援

利用者様の身体に直接接触して行う介助サービスや、生活動作や自立支援サービス、その他専門的知識・技術をもって行う日常生活上・社会生活上のサービスです。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

073-454-9820
ページ上部へ